セブンスコードフォーム指板図と構成音解説

当サイトにはプロモーションが含まれる場合がございます。

 

スポンサーリンク

基本的な三和音のコードに慣れたあとは、
四和音のコードを覚えてより演奏の幅を広げていきましょう。
マイナーセブンスに次いで使いやすく覚えやすい四和音の代表的なコードに、
「セブンスコード」があります。

 

7(セブンス)コードの構成音の解説

Dセブンスコードの構成音
「7(セブンス)コード」は、
四和音(セブンス)のコード」の一つです。
メジャーコードトライアド(三和音)のコード」に7度の音を加えることで成り立っています。

ルート音
3度
5度
♭7度

以上で成り立っています。
例として「D7(Dセブンス)」では、

ルート音 D
3度 F#
5度 A
♭7度 C

の音から構成されています。

セブンスコードは他の四和音のコードと違って、
少しユニークな音色を出してくれます。

お手元に一冊はコードフォームの指板図がわかる本があると、
気になったものを確認ついでに関連コードも理解が深まりますのでおすすめです。

 

 

 

セブンスのコードフォーム・指板図の解説

セブンスのコードフォームは、そのほとんどをオープンコードのフォームで弾くことができます。

また共通したフォームとしてのバレーコードのフォームがあります。

 

オープンコードフォーム

オープンコードのセブンスコードフォーム指板図一覧
セブンスのコードフォームには、
使いやすいオープンコードのコードフォームがなんと6つもあります。
(と言ってもB7はちょっとユニークな形をしていますが)
いずれもオープンメジャーコードを変化させた形になっていますので、
覚えていきやすい形になっています。

 

バレーコードフォーム

6弦ルートのセブンスコードフォーム指板図
5弦ルートのセブンスコードフォーム指板図

6弦ルートと5弦ルートの二種類があり、
いずれもFやBを少し変化させた形ですので覚えやすいと思います。

 

Cセブンスのコードフォーム・指板図の解説

Cセブンスコードフォーム指板図
Cセブンスはオープンメジャーコードフォームと似ているフォームになっています。

Cセブンス(C7)の構成音と指板上の指の位置
C 薬指(5弦3フレット)
E 中指(4弦2フレット)、開放弦1弦
B♭ 小指(3弦3フレット)

 

バレーコードフォームは5弦ルートになっています。

Cセブンスコードフォーム5弦ルートバレーコード指板図

Cセブンス(C7)バレーフォーム
C 人差し指(5弦3フレット)
E 小指(2弦5フレット)
G 薬指(4弦5フレット)
B♭ 人差し指(3弦3フレット)

 

Dセブンスのコードフォーム・指板図の解説

Dセブンスコードフォーム指板図
Dセブンスもオープンメジャーコードフォームと似ているフォームになっています。
が、指の位置が地味に違うため注意が必要です。

 

Dセブンス(D7)の構成音と指板上の指の位置
D 4弦開放弦
F# 薬指(1弦2フレット)
A 中指(3弦2フレット)
C (2弦1フレット)

 

または5弦ルートのバレーフォームですと5フレットで演奏ができます。
Dセブンスコード5弦ルートバレーコードフォーム指板図

Dセブンス(D7)バレーコードフォーム
D 人差し指(5弦5フレット)
F# 小指(2弦7フレット)
A 薬指(4弦7フレット)
C# 人差し指(3弦5フレット)

 

Eセブンス(E7)のコードフォーム・指板図の解説

Eセブンスコードフォーム指板図

 

Eセブンス(E7)の構成音と指板上の指の位置
E 6弦、1弦開放弦
G# 人差し指(3弦1フレット)
B 中指(5弦2フレット)、2弦開放
D 4弦開放

 

または5弦ルートのバレーフォームですと7フレットで演奏ができます。
Eセブンスコード5弦ルートバレーコードフォーム指板図

Eセブンス(E7)バレーコードフォーム
E 人差し指(5弦7フレット)
G# 小指(2弦9フレット)
B 薬指(4弦9フレット)
D 人差し指(3弦7フレット)

 

Fセブンス(F7)のコードフォーム・指板図の解説

FセブンスはFメジャーに非常によく似た形をしています。
Fセブンスコード指板図

 

Fセブンス(F7)の構成音と指板上の指の位置
F 人差し指(6弦と1弦1フレット)
A 中指(3弦2フレット)
C 薬指(5弦3フレット)、人差し指(2弦1フレット)
D# 人差し指(4弦1フレット)

 

Gセブンス(G7)のコードフォーム・指板図の解説

GセブンスはGメジャーセブンスによく似た形をしています。
Gセブンスコードフォーム指板図

 

 

Gセブンス(GM7)の構成音と指板上の指の位置
G 薬指(6弦3フレット)、開放弦3弦
B 中指(5弦2フレット)、開放弦2弦
D 開放弦4弦
F 人差し指(1弦1フレット)

 

または6弦ルートのバレーコードフォームでは、
他のコードの場合と同様に3フレットのポジションで演奏ができます。

Gセブンスコードフォーム6弦バレーコード指板図

Gセブンス(G7)バレーコードフォーム
G 人差し指(6弦3フレット)、人差し指(1弦3フレット)
B 中指(3弦4フレット)、開放弦2弦
D 薬指(5弦5フレット)、人差し指(2弦3フレット)
F 人差し指(4弦3フレット)

 

Aセブンス(A7)のコードフォーム・指板図の解説

A7コードフォーム指板図

 

Aセブンス(A7)の構成音と指板上の指の位置
A 開放弦5弦
C# 薬指(2弦2フレット)
E 中指(4弦2フレット)、1弦開放弦
G 3弦開放弦

 

または6弦ルートのバレーコードフォームでは、
他のコードの場合と同様に3フレットのポジションで演奏ができます。

Aセブンスコード6弦ルートフォーム指板図

Aセブンス(7)バレーコードフォーム
A 人差し指(6弦5フレット)
C# 中指(3弦6フレット)
E 薬指(5弦7フレット)、人差し指(2弦2フレット)
G 人差し指(3弦5フレット)

 

Bセブンス(B7)のコードフォーム・指板図の解説

Bセブンスコードフォーム指板図
B7のコードフォームは、開放弦こそ用いていますが特徴的な形をしています。

 

Bセブンス(B7)の構成音と指板上の指の位置
B 中指(5弦2フレット)、開放弦2弦
D# 人差し指(4弦1フレット)
F# 小指(1弦2フレット)
A 薬指(3弦2フレット)

 

または5弦ルートのバレーコードフォームでは、
他のコードの場合と同様に2フレットのポジションで演奏ができます。

Bセブンスコード5弦ルートバレーフォーム指板図

Bセブンス(B7)バレーフォーム
B 人差し指(5弦2フレット)
D# 小指(2弦4フレット)
F# 薬指(4弦4フレット)
A 人差し指(3弦2フレット)

 

その他のセブンスのコードフォーム・指板図

バレーコードの指板図です。

6弦ルートのセブンスコードフォーム指板図(#♭)
5弦ルートのコードフォーム指板図一覧(#♭)

 

おわりに

セブンス(7)コードは一つ弾くだけで、
肩の力の抜けたユニークな雰囲気の出せるコードです。
一曲の中のコード進行の中でも良く使われるコードですので、ぜひ覚えておきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事